より良い会社に成長させる社員による取り組み GPJ-GP

GPJ Japanをより良い会社に成長させよう!を目標に、2015年から全社で取り組む活動です。「良い会社」の定義は様々ですが、私たちは、もっと良いサービスをクライアントに提供するためにはどうすれば良いか、もっと働きやすい環境を作るためにはどうすれば良いか、などを役職や職種で限ることなく、みんなで考えています。GPJ-GPは、みんなの思い、考え、そして声を形にしていき、一緒に会社を作っていく取り組みです。

SDGsへの取り組み

SDGsへの取組みが進む中、イベント・マーケティングの会社として、どのような取り組みができるかを具体的に検討しました。廃棄物の削減、プラスチック利用の削減、再利用、デジタル化など、イベントに3Rを取り入れ、環境に優しいイベント作りをしています。私たちのSDGsの取り組みは、こちらでご紹介しています。

社員の声から生まれた福利厚生

会社がどのようなサポートをすれば、従業員にとって良いものとなるのか。一方的に会社が決めるのではなく、みんなの声を聞き、検討し、作られた福利厚生があります。健康増進(スポーツ)補助、学習費補助、住宅補助、社外研修費補助などは、社員の声から生まれた福利厚生です。

働く場所に自由を

「テレワーク」という働き方が浸透していなかった日本では、一歩踏み出せない状況が私たちにもありました。そのような中、従業員の多様な働き方にこたえられるよう、導入の壁を一つ一つ検証し、2018年にテレワーク制度を導入しました。そして、2020年9月から、テレワークとオフィスワークを自由に選択する働き方ができるようになりました。

 

GPJ-GPの他の取り組みはこちらからご紹介しています。

 

GPJの取り組みに興味のある方は、是非こちらからお問い合わせください。