会場に人が集って開催するリアルイベントと、

バーチャルイベントを組み合わせたイベントスタイル

 

GPJのハイブリッドイベントは、大勢が集うイベントの開催がなかなか困難になった今、会場に人が集って開催するリアルイベントと、バーチャルイベントを組み合わせたイベントスタイルを指します。VR、MR、ARなど、デバイスを活用したイベントは、その派生形として位置づけております。

ハイブリッドイベントの実施ポイントは、コロナ禍に於いても感染防止施策やソーシャルディスタンスを保持、集客しながらリアルイベントを開催しつつ、本来の集客数を達成できない人数を別の会場で集客したり、各々個人がオンラインで参加したりするイベントスタイルとの統合形式で実施します。リアルイベント特有の主催者と参加者が直接コミュニケーションや関係性を構築できるメリットとバーチャルイベントの遠方参加やコロナ禍でも参加しやすい環境を提供することによって、双方イベントスタイルのデメリットを解消させることで、イベント実施効果を最大化することが可能となります。

その為これからのイベントは、このハイブリッドイベントがスタンダートになる可能性も高いと考えます。

 

ハイブリッドイベントの実施課題としては、下記の点をテクノロジーや演出で解消することが重要と考えます。

  • 遠方やオンライン参加の来場者に対し、いかに一体感を醸成できるか?
  • 懇親会やネットワーキングタイムなど、偶発的な出会いを提供できるか?

 

反面、ハイブリッドイベントのメリットは集客にあります。

  • リアル会場の定員数の垣根を越えて、今まで以上に参加者が集客可能。

GPJは、リアルイベントとバーチャルイベントを融合させることによって、参加者の新たな体験価値を提供することによって、新しいBtoBイベントの“カタチ”を提案することをお約束します。

 

提供サービス

ハイブリッドイベントは、運営スタッフのリアルイベントとバーチャルイベント両方の経験や知識が重要となります。GPJは、数多いリアルイベントの経験と自社のバーチャルイベントツールのよって、企画から演出、運営に至るまで、創造的なアプローチでクライアントニーズに取り組んでおります。

 

1, ハイブリッドイベントの設計

2, リアルイベントの会場選定、バーチャルイベントの実施要件の策定

3, メイン会場の機能要件、サテライト会場との連携方法の策定

4, 主催者と参加者、参加者同士のコミュニケーション方法や演出の策定

5, リード獲得手法とKPIの策定

 

GPJオリジナルオンラインツール

D.E.P – Digital Experience Platformは、George P. Johnson(Japan)が独自に開発したバーチャルイベントのためのプラットフォームです。GPJの企業主催イベントの経験とノウハウ、そして主催企業のご要望をベースに、デジタルならではのExperience(体験)をご提供いたします。

 

イベントの種類

GPJではバーチャルイベントだけではなく、リアルイベントやハイブリッドイベントも提供しており、お客さまの目的に合わせ、最適な方法をご提案させていただいております。それぞれのイベント形式について、詳細は下記ページで紹介しています。

                    

 

リアル、バーチャルハイブリッドイベントともに、実績事例については、下記からご覧いただけます。

 

サービスの詳細やお見積もりなど、お気軽に質問・お問い合わせください。