トヨタ全国販売店会議

  • ディーラーのエンゲージメントと維持のため、ウェルカムガラとカーニバルという2つの戦略的なイベントを通じて、製品の認知度とブランドの親和性を高めることを目指しました。
  • 両イベントの戦略立案、デザイン、製作、プロデュース、イベント全体のプロデュースを担当
  • 2日間で5,000人以上の参加者がイベントを体験

トヨタ全国販売店会議は、自動車ディーラーが毎年大きな期待を寄せている2日間の壮大なイベントです。今年、トヨタはGPJとProject WorldwodeのエージェンシーであるSpinifixスグループと提携し、従来のイベントを超え、マーケティング施策として次なるステージまで進化させることに成功しました。

 

ウェルカムガラ

来場者はウェルカムガラに入ると、すぐに「Future of Retail」と「オリンピック」の展示を中心としたトヨタの展示の世界を体感できます。Future of Retailでは、GPJがSpinifixグループの協力を得て脚本・制作したデジタルリテールの最新動向をアピールするためのプレゼンテーションやデモが行われました。オリンピックディスプレイには、大規模なビデオ、歴史的遺物、ジャッキー・ジョイナー・カーシーやクリスティ・ヤマグチなどオリンピックの偉人との写真撮影の機会が盛り込まれています。このディスプレイは、デザイン、製作、実行のすべてをGPJが担当し、トヨタとオリンピック・パラリンピックとのグローバルなパートナーシップの促進に貢献しました。

カーニバル

イベント2日目には、ラスベガス・モータースピードウェイに、本格的なコンサートと4つのライド&ドライブコースを備えた特注サロン「Car-nival」を公開しました。さらに、テーマに沿った食事、エンターテイメント、スパに変身したレースカーガレージ、観覧車、フェスティバルのアートやパフォーマー、イベント中にスクリーンに映し出されるクローズドキャプション放送などを取り入れました。シンクロニーとの提携により、放送ではNASCARの伝説的なホストであるダレル・ウォルトリップ氏が登場し、トップギアUSAのラトレッジ・ウッド氏がレポートを担当するイベントとなりました。