ServiceNow Knowledge ’20 がデジタルに

  • パンデミックの影響で、11,000人もの参加者のイベントをデジタル環境で実現。
  • 新しいデジタル体験を約6週間で企画/制作。
  • ヨガやHIITワークアウト、音楽パフォーマンス、料理のデモなど、24本の「ブレインブレイク」ビデオを制作
  • 全コンテンツの80%が地元企業を支援

COVID-19の影響で外出自粛命令が米国全土で発令されたとき、ServiceNowは、毎年11,000人以上が参加するイベントをオールデジタル体験に移行するという課題に直面しました。GPJは、エンゲージメントのための戦略と、ゲストのための記憶に残るオンデマンド体験を6週間にわたって提供することを使命としていました。

ライブ環境からデジタル環境に移行した最初のイベントの一つとして、私たちのチームは2週間以内に、参加者の体験を最優先にしながら、クライアントのニーズと期待に基づいたクリエイティブなソリューションを提供しました。

当社のスペシャルイベントチームは、才能に焦点を当てた様々な「ブレーンブレイク」を作成し、1日を通して消化されたカンファレンスの内容から参加者をリフレッシュさせるために、週に4~5本のビデオをホストする戦略を開発しました。

私たちは、カンファレンス・プラットフォームの「Fun & Highlights」チャンネルでホストされる、親しみやすく魅力的な様々なコンテンツを作成しました。その後、6週間に渡るビデオ配信のスケジュールを作成し、姉妹代理店のG7 Entertainment Marketingと協力してクリエイターやベンダーを調達し、ServiceNowブランドの理念とターゲットとなる参加者に特化したカスタムコンテンツを作成しました。

コンテンツは、地元の中小企業とYouTubeのクリエイターの組み合わせを4つのカテゴリーに分けて紹介していました。「食品・飲料」「エンターテインメント」「ファミリー向け」「ヘルス&ウェルネス」の4つのカテゴリーに分けて紹介されました。

ハイライトは、音楽パフォーマンス、地元のレストランでの料理のデモ、地元のトレーナーによるHIITとヨガのワークアウト、レゴマスターのタイラー・クライツ氏によるレゴ・ビルディング・クラスなどでした。

ServiceNow Knowledge 2020では、参加者にServiceNowのリーダーや、業界の専門家から話を聞く機会を提供し、地元のビジネスを支援しながら、全体のスピーカーの質に合わせた「驚きと喜び」のアクティビティを通じて参加者の関心を高めました。
おそらく最も重要なのは、デジタルイベントの体験に欠けている要素である「FUN」を追加したことでしょう。

  Photo Credit: Marc Fiorito // Gamma Nine Photography

 

 

提供サービス

GPJ Japanが提供しているサービスはこちらからご覧いただけます。

 

お見積もりなど詳しくはぜひこちらからお問い合わせください。