日産アリア ワールドプレミア

日産アリアワールドプレミア

 

  • CNN、Car and Driver、CNET等のメディアに掲載
  • YouTubeライブ配信では20万回を超える視聴数を記録
  • Twitter、LinkedIn、Facebookでのライブ配信では21万を超える視聴数を記録

日産はブランド発足以来、革新的なチャレンジャー精神を発揮し、世界初の製品を数々世に送り出してきました。今回の新型電気自動車(EV)クロスオーバー「アリア」の発表は、その革新性、特に電動化運転と日産インテリジェントモビリティへの取り組みを披露する機会となりました。

GPJは何十年にもわたって日産の体験型パートナーであり、当初予定されていた発売イベントでは、東京夏季オリンピック開催前の2020年5月に東京・日産みなとの新施設で500名のプレスや特別ゲストを迎える予定でした。

COVID-19により多くのフィジカルイベントがキャンセルされていく中、日産にはアリアの発表が残されていました。競争が激しく成長している電気自動車市場において、アリアは、同社が電動化車やSUVなどの主要な強みに再度フォーカスする中で、日産の変革の大きな一歩となる重要な製品でした。

 

参加者(来場者と視聴者)の興奮とビジネス成果を第一に考え、日産チーム、GPJジャパン、姉妹エージェンシーであるSpinifexオーストラリアチームと協力して、日産の目標を達成するために、フィジカルイベントが制限される中、記憶に残るデジタルイベントを実現。GPJはショー全体の流れ、シナリオ、戦略、タレント、エグゼクティブプレゼンテーションなどの専門知識を提供し、Spinifexは美しい映像要素を提供。

日産自動車の内田社長は、「『日産アリア』は、我々の事業、商品、文化の変革を開始するにあたり、日産の歴史に新たな一ページとなります。日産アリアは、日産にとって何が重要なのかを定義し、私たちが何のために立つのかを表し、情熱的で革新的な挑戦者であるという私たちの本質を体現しています。」と述べています。

アリアのデジタルローンチは、40万回を超えるライブストリームの視聴があり、世界中でポジティブな報道がなされたことから、未来に向けて動き出す日産ブランドの抱負と期待に応えたものであることは間違いありません。

アリアのワールドプレミアの全貌と日産の未来はこちらからご覧いただけます。

 

 

 

提供サービス

GPJ Japanが提供しているサービスはこちらからご覧いただけます。

 

お見積もりなど詳しくはぜひこちらからお問い合わせください。