日産リーフのグローバルローンチ

 

 

 

 

ハイライト

  • 東京からグローバルローンチをライブ配信
  • プロジェクトマッピングによりオーディエンスを魅了
  • ドライバーエンゲージメントとのインタラクティブなサロン
  • デザイナーやエンジニアとのブレイクアウトセッション

 

結果

  • 5600人の出席者
  • 515000ものライブ配信視聴
  • 500000回を超えるYoutube再生回数
  • 4000回ものメディア露出
  • 11億回もの感動と共に66000回のソーシャルメディアポスト

多くの競合を持つ中で、日産はEV市場のパイオニアとして、リーダーシップの再構築とEVビジネスを継続するための安定した土台を積むために、一貫性のあるニーズを生み出しました。

日産は、2世代目リーフのEV市場リーダーシップを固めるために、GPJとSpinifexグループと手を組みました。私たちGPJは、新しいリーフの顧客を驚かせるために、ダイナミックな3面プロジェクションシアターや没入型自動運転サロン、グローバルでインタラクティブなライブブロードキャストなどの多方面のデジタルエクスペリエンスをデザインし提供しました。
Spinifexによるレーベルストーリーは、リーフのテクノロジーと融合した驚くほどのプロジェクションマッピングを床や背面、そしてサイドスクリーンに映し出し、オーディエンスを魅了しました。全てのローンチは収録され、東京からライブ配信されました。
私たちGPJは皆さんと一緒に、日産リーフをサステナブルエネルギーの主役とし、ハイテクノロジーサービスである”スマートライフ”とのパイプにします。

加えて、私たちGPJは、日産の何より大切なテーマである”日産インテリジェントモビリティ”を実現させるための、世界を変える自動車を、世界中のオーディエンスに対してソーシャルメディアや様々なデジタルや対面でのエクスペリエンスを通じて提供できる人材を揃えています。

サロンの特徴的なインタラクティブエンゲージメント

  • プロパイロット
    参加者は実際に車に乗り込み、プロパイロットでの駐車の体験
  • Eペダル
    一つのペダルのみで運転ができるEペダルの体験
  • マイクロホロレンズ
    ホロレンズでの自動運転体験。リーフに乗り、ホロレンズをかけ、ハンズフリー運転での安全 性や快適性、ストレスフリー運転の体験