IBM、NRFの3Dミニチュア展示で大規模イベントを成功裏に

  • 約2,000件のリードを獲得
  • 130ブースの見学会を実施
  • 21社33名のお客様にVIP店舗見学会を実施

世界最大のリテールカンファレンス&エキスポ、NRF 2019。Retail’s Big Showは、99カ国以上から36,500人の参加者を集め、リテール・テック、戦略、リーダーシップ、経済などの最新情報を議論しました。

2019年のNRFではテクノロジーに特に焦点を当てており、私たちの目標は、参加者が特にビジネス・ニーズにターゲットを絞ったIBMの機能をより深く理解し、レベルアップした上で、IBMの空間を楽に進行できるようにすることでした。

IBMの展示体験では、リテールを前面と中心に据え、3Dミニチュアの世界を中心としたシンプルなストーリーで、参加者に一歩下がって、IBMのリテール中心の製品とソリューションのレンズを通して、「リテールの新しい視点」を得ることを促しました。

IBM のテクノロジーがいかにビジネスを変革するかを実証するために、私たちは 3 つのジャーニーを中心とした体験を設計。サプライ・チェーン、カスタマー・エンゲージメント、ストア・オペレーションの3つのジャーニーに沿った体験とし、それぞれが業界の例(それぞれ食品、アパレル、美容)に沿ったもので、IBM のテクノロジーがどのようにビジネスを合理化し、従業員と顧客のためのジャーニーを促進するのに役立つかを示しました。

タッチスクリーンを使って、ゲストはそれぞれの環境を「飛び回る」ことができ、興味のあるデジタル・ポイントをドリルダウンして、IBMのソリューションを探索することができました。ゲストはIBMの中小企業との会話を続け、IBMが小売業の視点を変えるために役立つあらゆる方法を発見。

IBMの戦略およびデザインチームは、IBMチームとともに、これらの目を引くインスタレーションを作り上げるためにあらゆる手を尽くしました。

50フィート×70フィートの開放的で魅力的な空間は、競合他社とは対照的に際立っていました。色分けされたペルソナベースの旅は、ツアーガイドと個人の訪問者が空間をナビゲートすることに寄与。

ファーストサイトライン(シャンデリア)からファーストタッチポイント(アナログワールドとデジタルコンテンツ)、グラフィック撮影、スタッフの服装までを一貫して結びつけています。

この体験を通して、約2,000のリードを獲得、154のクライアントミーティングを開催し、130のブースツアーを開催し、21社33社のクライアントにVIP店舗ツアーを提供するなど、クライアントに素晴らしい結果をもたらしました。