ガルフストリームのドラマチックな姿が明らかに

  • 世界初の高さ60フィート×幅160フィートの移動式飛行機格納庫
  • 透明なLEDスクリーンで覆われた5,000平方フィートの表面
  • デジタルコンテンツとサウンドオーディオと同期した1,000個の照明
  • 800名の招待客
  • 最新のガルフストリームの車体を展示し、すぐに飛べるようにしました。

ガルフストリームはビジネス航空のパイオニアであり、その革新性は業界を前進させてきました。彼らの新しいフラッグシップ機であるG700は、ビジネス航空を再定義するものであり、顧客、メディア、VIPの間で認知度、関心、欲求を高める必要がありました。

 

<ヒューマンセントリックで効率的なデザインのリーダーたち>
GPJはガルフストリーム社とパートナーシップを結び、ガルフストリーム社がいかに競争の先、また時代の先を行っているかを示すために、テスト機の数々を披露しました。

クリエイティブな面では、飛行機の胴体ほどの大きさの物体を隠してから公開するという困難課題がありました。ライブ制作チームにはコンセプト、デザイン、設計に21日間の期間が与えられていました。

GPJがガルフストリーム社に提案書を提出したとき、ガルフストリーム社は驚き、「本当にうまくいくのか」という疑問を抱きました。

<今までにないことをする>
私たちは、機体を披露するための開閉式の立方体構造物のシリーズを構想し、納品しました。GPJの高度なプロジェクト管理ツールを使用して、チームは壮大なスケールのコンセプトをクリエイティブなものにするために協力し、エンジニアリングと詳細なCADデザインを行いました。サラウンド・サウンド・オーディオ・システムにより、屋外の状況下で構造物から100フィート以上離れているにもかかわらず、観客は没入感のあるマルチメディア体験をすることができました。

GPJの姉妹会社であるSpinifex Groupは、飛行機のCGI映像、カスタムスコア付きの音楽トラック、CEOのプレゼンテーションのためのコンテンツ制作など、3Dデジタルビデオとオーディオコンテンツを開発しました。1,000個以上のムービングライトが映像・音声コンテンツと同期してプログラムされています。

ショー当日は、800人のゲストが様変わりしたヘンダーソン・エグゼクティブ・エアポートに到着しました。観客の興奮は最高潮に達し、綿密に設計された流れの細部に至るまで、計画通りに正確に実行されました。それは最高峰の航空機に値する最高峰のお披露目でした。

クライアントは、ローンチに対する社内の反応を「驚くべきもの」と表現し、従業員、顧客、メディア、そして競合他社さえも、その演出に圧倒されたと述べています。

メディアの報道は新しい航空機への関心を生み出しただけでなく、存在する航空機全般への関心を新たに高めました。