100 Years of Innovation

GPJは革新的な一人の創業者により、設立されました。現在では世界中で活躍し、評価されるイノベイター集団へと成長しました

1914-2014

George P. Johnsonは、創⽴者の名前でもあります。1914年に北⽶五⼤湖地方における船関連の帆布メーカーとして設立。その後、⾃動車産業の成 長に伴い、自動⾞業界 に対して革新的なサービスを開始しました。多くのお客さ まに対して直接商品やサービスそしてブランドの価値を直 接訴求することのできる場、つまりイベント・マーケティングのサービスです。

そして、約1世紀にわたって、グローバル展開においてもさ まざまな⾰新を⽣んできました。 グローバル展開とは多様な文化を持つクライアントの 異なる要求それぞれに応えていくということだと考えてい ます。George P. Johnsonの強みは、このグローバルな多様性へ の対応力といえます。 世界トップレベルのイベント・マーケティングのサービスを提供し続けることができるよう、クライアントに向き合う姿勢を最も大切にしてきました。クライアントのために、”make no small plans”・・・私 たちが大事にしている創業者の言葉です。

1914

旗の制作装飾会社として事業開始。

1918

第⼀次世界大戦下のアメリカ国旗の特需のため、旗関連ビジネスは飛躍的に成長。1923年と1949年には世界最大の国旗 を制作。

1920

旗関連のビジネスとともに、初め てオートショーにおけるマーケティ ング的な展⽰をデトロイト・モーターショーで企画制作。

1920-1940

デトロイトでの企画実施⼒が評価され、⾃動⾞業界からのビジネスによって成⾧。さまざまな”Experience Marketing”の実践を通してサービスを提供。

1950s

“Experience Marketing”の第一人者として評価さ れ、新しい演出機材や⼿法、装飾素材を導入。モー ターショーのスタイルを⼤きく変化させる

1960s

GPJの提案により、ニューヨークで開催されて いたモーターショーをデトロイトに変更。基調 講演のスピーカーとしてアイゼンハワー⼤統領 が招聘される。博覧会の大規模な展⽰も開始。

1970s

ゲーム手法やイリュージョン、ロボット技術などといった、斬新なコンセプトや⼿法により、来場者がより積極的に参加できる”Experience Marketing” を推進。

1980s

業界を超えて、さまざまな国際企業のイベントにおける企画や実施をサポート。

1990s

世界的企業、IBM社におけるグローバル統一のイベン ト・マーケティング・エージェンシーとして選定される。業界において、初めてイベントにおけるプログラム戦略と実施を包括的に提供するサービスモデルを構築。

現在

GPJは、世界中のクライアントのブランド構築のために、たえず最新のテクノロジー や⼿法を活⽤し、Experience Marketing の最前線でお役に⽴つ努⼒を⾏っています。

When nothing less than extraordinary will do—we're your team.

Let's do this