良質な体験コンテンツ提供のために、オンラインイベント用のプラットフォーム比較テストを実施

GPJではフィジカル、オンライン問わず、良質な体験コンテンツをご提供できるよう取り組んでいます。特にオンラインイベントにおいては、考慮すべきことが多岐にわたります。

そのうちの一つが配信映像の質です。どれだけハイクオリティなコンテンツであっても、視聴する側の映像がカクついたり音声が途切れ途切れになったりしては効果が半減してしまいます。

つまり、視聴者側の視点を理解することが、コンテンツの質に大きく関わってくるのです。そこで、どうすれば視聴者にストレスを与えずに済むか、プラットフォーム別に検証をすることにしました。

 

一口にオンラインイベントと言っても、目的や参加者の特性によって使用するプラットフォームは異なります。そして使用するプラットフォームによって、同じコンテンツを配信しても見え方は大きく違ってきます。さらに、同じプラットフォームの中でも配信内容や設定によってコンテンツの質は大きく変わってきます。

検証会では、様々な条件下での映像の見え方を参加者目線で体感することで、各プラットフォームの特性を理解できました。

今回の検証会で得られた知見は社内で共有し、今後のイベント提案に活かしてまいります。

 

プラットフォームの詳細なテスト結果についてご興味のある方は、こちらからお問い合わせください。